WiiFlash(mac) で BalanceBoard をさっそくつなげていじってみた

By | 2009年2月11日

id:yuma_flughafen に11日が祝日だと言われて気づいたので土日まで待てずにいじってみました。
ちなみに これw
で、つなげるまでの方法をまたも忘れていたのでそれとできることを少し書いときます。

できること

  • バランスボードの4点の圧力がとれる
  • 圧力の中心の座標がとれる
  • 体重がとれる

ライブラリの使い方は基本的に wii リモコンと同じ。
コネクトエラーとかの処理を省き、ただ動作させるだけなら flash 側はこれだけで動作します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
import org.wiiflash.Wiimote;
import org.wiiflash.events.WiimoteEvent;
import flash.events.Event;
 
var wiimote:Wiimote = new Wiimote();
myWiimote.connect ();
myWiimote.addEventListener( WiimoteEvent.UPDATE, onUpdated );
 
function onUpdated ( e:WiimoteEvent ):void {
        //全体の圧力(体重はこれ)
	total:Number = e.target.balanceBoard.totalKg;
 
        //4点の圧力
	topLeft:Number = e.target.balanceBoard.topLeftKg;
	topRight:Number = e.target.balanceBoard.topRightKg;
	bottomLeft:Number = e.target.balanceBoard.bottomLeftKg;
	bottomRight:Number = e.target.balanceBoard.bottomRightKg;
 
        //中心の圧力の座標
        center:Point = e.target.balanceBoard.centerOfGravity;
}

WiimoteEvent.UPDATE で登録したメソッドで処理するだけですね。

BalanceBoard の繋げ方

で、地味にはなまったのがこっち。
認識しないことがよくあって困った。

  • WiiFlashServerJ を起動。
  • Bluetooth で BalanceBoard を接続。

これで接続がうまくいった際は WiiFlashServerJ の画面にアイコンが表示されます。
うまくいかない時は WiiFlashServerJ を再起動したり BalanceBoard を
つなげなおしたりをひたすらしてればいつかつながりますwwww

BalaceBoard のつなげかたは以前書いた日記を参考にしてもらえれば大丈夫かと。
WiiFlashを使ってflashでwiiリモコンを使ってみる(1)

ちなみにつながった画面はこんな感じ。

付属のサンプル
BalanceBoard 認識した画面

BalanceBoard で iphone のアプリの入力デバイスにできたらおもしろそうだと思った。
ちょっとがんばってみるかな。

StreetView使ってみた

By | 2008年9月7日

uranodaiさんがsparkにコミットしたStreetviewを使って試してみた。

雑感だけど凄い便利にさわれた。
簡単にstreetviewをいじって遊べた。
んでwiiハンドルで操作するのは気になるのは何点かあるけど、
とりあえず形にはなった感じ。

あとは修正して問題なければ公開する予定。

ちなみに今回使用したconfigファイル。
(※)ソースは汚いのでおいおい公開します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/1.0">
    <id>StreetViewWii</id>
    <filename>StreetViewWii</filename>
    <name>StreetViewWii</name>
    <initialWindow>
        <content>StreetViewWii.swf</content>
    </initialWindow>
</application>

公開証の作り方

1
adt -certificate -cn SelfSigned 1024-RSA [証明書名] [パスワード]

テスト

1
adl [大元のソースコード]

air用swf作成

1
amxmlc [大元のソースコード]

airファイル作成

1
adt -package -storetype pkcs12 -keystore [証明書名] [作成するairファイル名] [configファイル] [air化したいswfファイル]

これでおk。
ちなみに全てFlex SDKでターミナルから叩いてやりました。
uranodaiさんどもっす!!