MacBook Pro のセットアップ

By | 2014年11月10日

設定がいつもわからなくなのでメモってみた。

真っ先にすること

<

ul>

  • Xcode を App Store からインストール
    • MavericksでCommand Line Tools for Xcodeをインストールする
    • Dropbox をインストール
    • homebrew のインストール
      ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
      brew install ack chisel class-dump coreutils colordiff ctags findutils git gnu-sed hub keychain libxml2 readline reattach-to-user-namespace the_silver_searcher tig tmux tree vim watch wget xctool zsh

    OS の設定

    起動シェルを /usr/local/bin/zsh に変更

    • スリープするとすぐにロックするようにする

    • 修飾キーの変更 (fn キーは Karabiner で変更)

    • 三本指のスワイプでページ(コンテンツ)移動。

    • 四本指の左右スワイプでデスクトップ移動。

    • Dock の設定

    • Keyboard の設定

    Software の設定

    • Google IME
    • Google Chrome
    • Karabiner
    • iStat Menus 5
    • Google Drive
    • iTerm 2
    • BetterTouchTool
    • CotEditor
    • Firefox

    iTerm2 の設定

    • 画面サイズをいい感じにして Appearance の設定

    Karabiner の設定



    private.xml

    <?xml version="1.0"?>
    <root>
        <appdef>
            <appname>Slack</appname>
            <equal>com.tinyspeck.slackmacgap</equal>
        </appdef>
        <item>
            <name>For Slack CTRL+N=move next channel, CTRL+P=move previous channel</name>
            <identifier>private.app_slack_move_channel_with_ctrln_ctrlp</identifier>
            <only>Slack</only>
            <autogen>
                 __KeyToKey__
                 KeyCode::N, ModifierFlag::CONTROL_L,
                 KeyCode::CURSOR_DOWN, ModifierFlag::OPTION_L
             </autogen>
            <autogen>
                 __KeyToKey__
                 KeyCode::P, ModifierFlag::CONTROL_L,
                 KeyCode::CURSOR_UP, ModifierFlag::OPTION_L
             </autogen>
        </item>
        <item>
            <name>For Slack CTRL+TAB=move unread channel</name>
            <identifier>private.app_slack_move_channel_with_ctrl_tab</identifier>
            <only>Slack</only>
            <autogen>
                 __KeyToKey__
                 KeyCode::TAB, ModifierFlag::CONTROL_L,
                 ModifierFlag::SHIFT_L, KeyCode::CURSOR_UP, ModifierFlag::OPTION_L, ModifierFlag::SHIFT_L
            </autogen>
            <autogen>
                 __KeyToKey__
                 KeyCode::TAB, ModifierFlag::CONTROL_L,
                 KeyCode::CURSOR_DOWN, ModifierFlag::OPTION_L, ModifierFlag::SHIFT_L
            </autogen>
        </item>
     
         <appdef>
            <appname>Xcode</appname>
            <equal>com.apple.dt.Xcode</equal>
        </appdef>
         <item>
             <name>Disable Emacs Mode on Xcode.</name>
             <identifier>private.app_xcode_disable_control_emacs_mode</identifier>
             <only>Xcode</only>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::D, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::D, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::H, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::H, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::I, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::I, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::J, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::J, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::M, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::M, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::P, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::P, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::N, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::N, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::B, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::B, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::F, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::F, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::A, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::A, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
             <autogen>
                  __KeyToKey__
                  KeyCode::E, ModifierFlag::CONTROL_L,
                  KeyCode::E, ModifierFlag::CONTROL_L
             </autogen>
      </item>
     
    </root>

    BetterTouchTool の設定


    開発環境の構築

    dotfile

    cd ~
    git clone git://github.com/dealforest/dotfile.git --recursive
    cd dotfile
    ./dotsetup.sh

    ruby

    cd ~
    git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
    mkdir -p ~/.rbenv/plugins
    cd ~/.rbenv/plugins
    git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git
    git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git
    cd ~/.rbenv
    echo "bundler
    pry
    cocoapods
    cocoapods-browser
    robocop
    tmuxinator
    cupertino" > default-gems
     
    export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
    eval "$(rbenv init -)"
     
    rbenv install 2.1.4
    rbenv global  2.1.4
    rbenv rehash
     
    ruby -v

    perl

    git clone git://github.com/tokuhirom/plenv.git ~/.plenv
    mkdir -p ~/.plenv/plugins
    cd ~/.plenv/plugins
    git clone git://github.com/tokuhirom/Perl-Build.git perl-build
     
    export PATH="$HOME/.plenv/bin:$PATH"
    eval "$(plenv init -)"
     
    plenv install 5.20.1
    plenv global 5.20.1
    plenv install-cpanm
     
    perl -v

    golang

    brew install go
    go get github.com/motemen/ghq
    go get github.com/peco/peco/cmd/peco
  • Posted in mac | Tagged

    homebrewでインストールしたMySQLにQ4Mをインストールしたメモ

    By | 2011年2月20日

    homebrew で MySQL をインストール

    formula を更新してからインストール。(リンク切れの可能性があるため)
    2011-02-14 時点では 5.1.54 がインストールされる。

    $brew update
    $brew install

    Q4Mのインストールにソースが必要となるのでCleanupしないこと。
    ~/Library/Caches/Homebrew/mysql-5.1.54.tar.gzがあるの解凍しておく。

    $cd ~/Library/Caches/Homebrew
    $tar xzvf mysql-5.1.54.tar.gz

    Q4M をインストール

    まずここから最新版をダウンロード。
    今回は 0.9.4 をインストール。
    MacPortsのMySQLにQ4Mをインストールする方法を参考にして
    configure option をつくりました。

    $curl -O http://q4m.kazuhooku.com/dist/q4m-0.9.4.tar.gz
    $tar xzvf q4m-0.9.4.tar.gz
    $cd q4m-0.9.4
    $./configure --prefix=/usr/local LDFLAGS=-L/usr/local/lib CPPFLAGS=-I/usr/local/include --with-mysql=~/Library/Caches/Homebrew/mysql-5.1.54 CFLAGS="-I/usr/local/include/mysql -I/usr/local/include" CPPFLAGS="-I/usr/local/include/mysql -I/usr/local/include"
    $make
    $make install
    $mysql -u root < support-files/install.sql
    $perl run_tests.pl
    $mysql -u root -e 'show plugins'
    +------------+--------+----------------+--------------------+---------+
    | Name       | Status | Type           | Library            | License |
    +------------+--------+----------------+--------------------+---------+
    | binlog     | ACTIVE | STORAGE ENGINE | NULL               | GPL     |
    | CSV        | ACTIVE | STORAGE ENGINE | NULL               | GPL     |
    | MEMORY     | ACTIVE | STORAGE ENGINE | NULL               | GPL     |
    | InnoDB     | ACTIVE | STORAGE ENGINE | NULL               | GPL     |
    | MyISAM     | ACTIVE | STORAGE ENGINE | NULL               | GPL     |
    | MRG_MYISAM | ACTIVE | STORAGE ENGINE | NULL               | GPL     |
    | QUEUE      | ACTIVE | STORAGE ENGINE | libqueue_engine.so | GPL     |
    +------------+--------+----------------+--------------------+---------+

    めでたくインストール終了。
    動作確認ですがウノウさんの方でいい感じにまとめられてるのでそちらでどうぞ。

    Mac で screen 起動後に pbcopy を動くようにする方法

    By | 2009年6月25日

    ずっと pbcopy が動かなくてなんでだろうと思ってたけど
    screen を起動しなかったら動いてることにきづいた。

    ここをみると Ports で screen をいれればいいらしい。
    でもそれじゃ動かない。で、色々と調べると
    どうやらパッチをあてて自分でコンパイルすればよさげ。
    というわけでさっそくコンパイルしたら pbcopy ができるようになった!!

    以下、コンパイルの流れ。
    http://git.savannah.gnu.org/cgit/screen.git
    ここから screen のソースをおとしてくる。

    パッチを下記のサイトを参考にあてる。
    Macのscreen + pbcopy
    screen で pbcopy/pbpaste が動かない問題
    ちなみにパッチファイルをまとめて gist にあげた。(DL)
    これを screen/src の中に保存。
    そして screen/src の中に移動。

    1
    2
    3
    4
    5
    
    patch -s -p0 < screen-mac-pbcopy.patch    <- これでパッチがあたる
    autogen.sh
    ./configure -prefix=/opt/loca/                    <- ports と同じ場所にいれたかったから prefix をつけただけ。
    make
    sudo make install

    これで vim で “*y とすると pastebord にもコピーできた。
    日本語まじりの文字をコピーしようとすると nkf が必要。
    vim・mac間でクリップボードを介してやり取りする方法 完結編
    を参考にして設定しました。

    これでそーとー快適。
    やっぱり pastebord や clipbord は共有されてるにかぎる。

    ffmpeg を使って flv から mp3 の作り方

    By | 2009年3月25日

    準備

    mac ports を使用して ffmpeg をインストールします。
    mac ports の詳細はここをみてください。

    sudo port install ffmpeg

    音声だけ抜き出して mp3 にする

    ffmpeg -y -i hoge.flv -acodec copy hoge.mp3

    iphone用の動画(mp4)に変換

    ffmpeg -y -i hoge.flv -vcodec libx264 -s 320x240 -b 1024k -acodec libfaac -ac 2 -ar 24000 -ab 96k -f mp4 hoge.mp4

    画質を奇麗にしたければ -b(ビットレート) をあげてやればいい。

    これをエイリアスにしたい

    いちいち覚えれないからエイリアスにして簡単にできたらいいなと。
    わざわざこれぐらいでコマンドファイルもつくりたくないし。

    #perl -le '($f)=split(/\./, $ARGV[0]);`ffmpeg -y -i $f.flv -acodec copy $f.mp3`' hoge.flv

    ワンライナーだとこんな感じででける。
    ただこれを alias にすると動かなくなる。

    #alias flv2mp3='perl -le "($f)=split(/\./, $ARGV[0]);`ffmpeg -y -i $f.flv -acodec copy $f.mp3`"'
    #flv2mp3 hoge.flv

    どーすればいいんだろうか。。。。
    分かる人ヘルプ

    mac で flashswitcher を使う時の注意点

    By | 2008年11月13日

    概要

    Flashswither で player を変更した際に一旦ブラウザが再起動するが
    起動の際に下記のようなエラーが表示され player が切り替わらなくなった。

    [Javascript アプリケーションエラー]
    Component returned failure code: 0x80520008 (NS_ERROR_FILE_ALREADY_EXISTS) [nsILocalFile.copyTo]

    対処法 for windows

    <strong>C:\Windows\system32\Macromed</strong>内にある<strong>Flashフォルダ</strong>を右クリックして
    [プロパティ]>[セキュリティ]タブ>[編集]ボタン>[Users]を選択>[フルコントロール]にチェック>[適用]ボタンで解決

    この1文は引用しています。

    対処法 for mac

    sudo chmod 777 -R /Library/Internet\ Plug-Ins

    これが分からなくて本当に悩んだ。
    上記のコマンドを打つと解決する。
    で、これをどこで知ったかというと自分の昔のブログ(笑)
    解決する答えって意外に身近にあった。。。。
    ありがと。過去のおれwww

    参考資料

    Flash Switcher extension for Firefox
    FlashSwitcher に FlashPlayer を追加するワザ
    Flash Switcherのエラー

    追記 (2009/02/12)

    上記の方法でも動かなくなった。。。。orz
    そんな時に Cellfusion先生のブログからこんな記事を発見!!
    Flash Switcher入れてみた(OSX版)
    さっそく試すと無事動きました。

    1
    2
    
    sudo rm -rf /Library/Internet\ Plug-Ins/Flash\ Player.plugin
    sudo rm /Library/Application\ Support/Adobe/Flash\ Player/Flash\ Player.plugin/Contents/flashplayer.xpt

    これで OK
    ただ急に動かなくなると本当に不便すぎる。。。
    必要な時にしかきりかえないってのに。。