By | 2015年7月7日

「WWDC2015 情報共有会」で発表してきました。
皆様の協力のおかげでとても楽しく発表することができました。
ありがとうございます。

スライドにのせるとやぼったかったので、現時点で対応している formatlanguage の一覧を追加しました。

language

llvm-mirror/lldb/source/Target/LanguageRuntime.cpp を参照してください。
このファイルを watch してれば対応言語が増えた際にわかるかなと思います

format

スライドにある p/○ の場合、一文字のものでしか動作しません。

'b' or "binary"
'B' or "boolean"
'y' or "bytes"
'Y' or "bytes with ASCII"
'c' or "character"
'C' or "printable character"
'f' or "float"
'F' or "complex float"
's' or "c-string"
'd' or "decimal"
'E' or "enumeration"
'x' or "hex"
'X' or "uppercase hex"
'o' or "octal"
'O' or "OSType"
'U' or "unicode16"
'u' or "unsigned decimal"
'p' or "pointer"
'v' or "void"
'i' or "instruction"
'I' or "complex integer"
'a' or "character array"
'A' or "address"
"unicode32"
"hex float"
"char[]"
"int8_t[]"
"uint8_t[]"
"int16_t[]"
"uint16_t[]"
"int32_t[]"
"uint32_t[]"
"int64_t[]"
"uint64_t[]"
"float32[]"
"float64[]"
"uint128_t[]"