By | 2014年12月10日

Request Certificates with Xcode

Xcode is the easiest way to request certificates. Connect your device to your Mac and click Use for Development in Xcode's Organizer window. Sign in with the Apple ID associated with your iOS Developer Program membership and Xcode will automatically generate your certificates.

とあるので、手動では何度かやってるので Xcode から証明書を自動で作成してみました。

手動のやり方は「よく分かる!iOS アプリ開発に必要な証明書ファイルの作成方法 | アドカレ2013 : SP #4」をみると分かりやすいかと思います。

iOS Developer Program に加入し、Activate までは済ませた状態とします。

Development 証明書

General > Identity > Team を設定すれば iOS Development:~ が作成された。

※ もしかしたら Team の下にある Fix-issue を押す必要があるかもしれません。

Production 証明書

Archive を実行し、その後に Validation を実行すれば iOS Distribution:~ が作成された。

※ もしからしたら Archive だけで作成されているのかもしれません。

昔、証明書を作ったときは iPhone Development:~ みたいな名前になって気がするけど、時がたって変わったのかそれとも Xcode から作成したため名前が変わったのかは分からないんです。。。

まとめ

端末をつなげて実行すれば自動で Devices の登録もしてくれるので、 Activate さえ済ましていれば Xcode から離れずに実機で動かすまでが簡単にできるようになっていましたとさ。

とりあえず試したいって人にはいいかも